Mr. Lodge GmbH · Barer Str. 32 · 80333 München · 089 340 823-0 · info@mrlodge.de

物件貸主の証明


貸主は借家人に対して新住居への入居を証明しなければなりません。

証明書には何が記載されていなければならないでしょうか。

以下の事項は証明書記載必須です。

  1. 名前と姓、及び貸主の現住所。
  2. 入居の正確な日付。
  3. 入居する住居の住所。
  4. 住民登録義務のある入居者の名前(企業が社員のために住居を賃借する場合は、入居する各社員の名前を挙げなければなりません)。

証明書には貸主が署名するのであり、借家人ではありません。貸主はミュンヘン市の正式な証明用書式を使用するのがベストです。

書式へ。

ミュンヘンの住民登録局KVRでの経験。

当社顧客のミュンヘン市住民登録局KVRでの最初の経験と、様々な独自のKVRへの問い合わせを元に、以下の追加情報を提供いたします(2015年12月01日)。 

  1. 貸主から借家人へのインフォーマルなEメールをKVRは、貸主による有効な証明書、とはみなしていません。
  2. 貸主は、スキャナーでコピーした証明書を、Eメールに添付して、直接KVRミュンヘンへ送信することは避けるべきです。同じことは、郵送にも当てはまります。理由は、KVRでは貸主からのEメールおよび郵便物を借家人のKVRまたは市民オフィスでの面談アポイントメントに、事務的にリンクできないからです。
  3. 貸主は署名した貸主証明書をスキャナーでコピーし、PDFで借家人へEメールで送信することで充分です。借家人はこのドキュメントをプリントして、KVRへ提出しなければなりません。
  4. 貸主はミュンヘン市の正式書式を証明のために使用することがベストです。

貸主証明に関する問い合わせは、KVR市民オフィスのサービス電話へ直接ダイヤルできます。番号は089 233 96 000。以下の時間帯が受付時間です:

月曜 7:30 - 13:00
火曜 8:30 - 13:00、14:00 - 18:00
水曜 7:30 - 13:00
木曜 8:30 - 13:00、14:00 - 18:00
金曜 7:30 - 13:00