ミュンヘンの廃棄物処理


ドイツではゴミの仕分けは重要なテーマです。再生不可能なゴミの発生を防ぐために、生活ごみは仕分けなければなりません。このために三つの容器システム、様々なコンテナーと粗大ごみ取集所があります。

三つの容器システム

一般的には中庭や地下室に三種類の容器が一般的な生活ゴミのために置かれています。

容器入るゴミ
生ゴミ容器
(茶色))
 

コンポスト化可能な生ゴミと庭から出るゴミ:

一般家庭で発生する量の生、及び煮炊きした残飯(皮、賞味期限を過ぎた食品、古いパンなど)、コーヒーフィルター、ティーバッグ、葉、花、草、小さな枝、木から落ちた果物、少量のコーティングされていない紙、未処理の木材切粉、魚、肉。

コンポスト化可能なプラスチック袋や猫砂は不可。動物の糞は別途処理を要す。

紙容器
(青)
紙、段ボール、厚紙、新聞、カタログ、紙の梱包具
 

コーティングした紙は不可
衛生紙,ナプキン、ティッシュペーパーは不可。

その他のゴミ容器
(灰色)
 
再生不可能なゴミ:

例: たばこの吸い殻、使い捨ておむつ、電気掃除機のゴミ袋、猫砂、衛生用品。

よりよい仕分けのためのヒントと情報:PDFダウンロード


リサイクリング・コンテナ―

街の中のいたるところに以下のゴミを捨てられるリサイクリング・コンテナーがあります。

  • ガラス(白、茶、緑に分ける)
  • 樹脂とプラスチック
  • 金属(例:缶、アルミフォイル)
  • 古着と靴

再利用対象ボトルは約15セントのデポジットを含み、スーパーマーケットやドリンクマーケットで引き取ります。

粗大ゴミ収集所

大きな量のゴミや特殊ゴミのために町の中には幾つもの粗大ゴミ収集所があります。ここには特に以下に上げるゴミを出すことができます。

  • 電気製品、金属、古着、靴、粗大ゴミと大量の紙、段ボール、梱包具、庭から出るゴミとガラス。

古電池はほとんどのスーパーマーケットのキャッシャー近くに収集容器があります。

さらなる情報は以下にあります:www.awm-muenchen.de

Cookie notice
This website uses cookies to personalize content, customize and measure advertising, and provide a safe experience. By clicking the "Allow all and continue" button, you consent to the collection of data via cookies.
クッキーを有効にしてください!