Energiesparen-fuer-Mieter

住居内でのエネルギー節約ヒント


建物の二軒に一軒がエネルギー消費のオプティマイズをすれば、エネルギー消費は約75%削減可能です。これはプライベートな個人にとっても驚くほど簡単にできます:僅かな手段により大きな効果が達成できます。エネルギーを節約すればお金の節約だけでなく、気候の変化を遅くすることに貢献できます。皆様がお住まいの家具付き住居で実行可能な、日々の便利なヒントをまとめました:

住居内すべて

正しく換気する
毎日短時間窓を完全に開け放ってください(インパクト・ベンチレーション)。この方法では部屋の空気を入れ替えますが、家具と内壁の温度は失われません。窓の上部を内側に傾ける開け方はしばしば再び閉じることを忘れ、部屋を完全に冷え切らせてしまいます。

照明を消す
誰もいない部屋にしばしば明かりが灯っています。本当に必要な部屋と時間にだけ照明を使ってください。

オン/オフ・スイッチの付いた電源ソケット
スタンバイ状態の電化製品の電力消費量は年間総消費量の4~10%になります。オン/オフ・スイッチの付いた電源ソケットを使うことにより電力消費量を簡単に削減することができます。

暖房を節約
温度を1℃下げることにより、暖房エネルギーを最大6%節約できます。この温度差を感じることはできませんが、暖房費請求書を見ることで効果が分かります。定期的にヒーターのエア抜きをすることで15~30%のエネルギーを節約できます。

"一般的に高い電力需要と同時に再生エネルギーの不足(太陽光または風力)により、特に天然ガスが発電に使用されることを知っていますか。つまり、洗濯機や食器洗浄機は昼食時(11時~15時)または夜に使用してください。この背景から、天気の良い午後に外出せずにテレビを見ていても、将来は後ろめたい気持ちになることはありません。"

台所で

オーブンの予熱時間
オーブンの予熱時間も調理に使用することにより最大20%のエネルギー節約につながります。多くのオーブン調理のレシピには調理時間をマッチさせるために、オーブンを予熱することを推奨しています。しかし、必然ではありません。また、予熱を既に考慮したレシピもあります。

レンジのタイプと鍋の種類次第で適時に温度を下げることにより、レンジの残留熱を使い調理が可能です。電熱レンジの場合は約5分早めに電気を切っても、一般的に鍋やフライパンの加熱を残留熱で維持することができます。

冷蔵庫の中には熱の残る食べ物は入れない。
昼食時に残った食べ物は冷蔵庫に入れる前に完全に冷ましてください。冷蔵庫は暖かい物を冷やすためにエネルギーを余分に使い、電気代に反映します。

鍋の代わりに電気湯沸かし器
お湯を沸かすときには電気湯沸かし器に必要なだけの水を入れ沸かします。例えば毎日1リットルの使わない水を沸かすことにより、年間最大25KgのCo2が発生します。

仕事部屋内

ホームオフィスで仕事をする場合は、昼食時にPCの電源を完全に切ることは避けましょう。理由は、再度PCを立ち上げる際には多くの電力を消費するからです。平均的な1時間の休憩では、モニターをスタンバイ状態にするだけで充分です。

浴室内

入浴の代わりにシャワー
湯舟につかる代わりにシャワーを使用する。シャワーは平均的に一分間に15~20リットルのお湯を消費します。一般的な湯舟では約150リットルです。また、シャワーの時間も3~7分に押さえることをお勧めします。皮膚にとっても熱すぎるお湯と長すぎるシャワー及び入浴は不健康です。

正しく洗濯
洗濯機には可能な限りフルに洗濯物を入れます。最大限に詰めた場合のみに使用されるエネルギーが最大効率で消費されます。プリ・ウォッシュ・プログラムは不要です。基本的に衣類は長持ちさせるためには洗濯し過ぎないことが大事です。洗濯時の水温も少々下げることが、生地にとっても環境にとっても意義があります。

乾燥機
乾燥機が必要なことは稀です。ほぼどこの住居にも衣類の乾燥室があり、バルコニーで乾かすことは夏でも冬でも可能です。衣類も乾燥機を使用しない方が長持ちします。

手を洗う時は冷水で
30秒間手を洗うことにより約3リットル弱の水が流れます。温水は更により多くのエネルギーを消費します。手を洗う際に丁寧に石鹸を使えば、水温は清潔度に影響ありません。

"水道ミキサータップ(温水/冷水ミキサー)では常に温水がミックスされることを知ってますか?つまり、蛇口レバーを開くとことにより、気づかなくてもお湯が消費されます。これを防ぐためには、蛇口レバーを完全に右に倒しておきます。その際はレバーを完全に上にはスライドさせないことです。"

寝室内

理想的な睡眠温度
我々の咽喉にとって理想的な温度は約18度℃です。寝室内ではしかしながら16~17度℃で充分です。低めの室温はエネルギー節約に貢献するだけでなく、粘膜にも優しく、睡眠の質の向上に繋がります。

Cookie notice
This website uses cookies to personalize content, customize and measure advertising, and provide a safe experience. By clicking the "Allow all and continue" button, you consent to the collection of data via cookies.