Mr. Lodge GmbH · Barer Str. 32 · 80333 München · 089 340 823-0 · info@mrlodge.de

家具付き住居のクリーニングとケアについての7つのヒント

"皆様の一時的滞在の住居をピカピカにするだけでなく、適切なケア をするためには以下のヒントをご参照ください:"

1. キッチンと浴室のカルキを除去する

ミュンヘンの水は非常に多くの石灰を含んでいますので、キッチンと浴室のクリーニングには、カルキ・リムーバーを含んだクリーナーの使用をお勧めします。カルキの染み発生を防ぐシンプルなトリック: 使用後、直ぐにタオル・布巾で濡れた面を拭き取ってください - 設備・調度は常に新しい状態を保ちます。

2. ヴィネガーエッセンスの使用

特にカルキのこびり付いた箇所にはヴィネガーエッセンス(Essigessenz)でのクリーニングが必要です。より良い効果は、ヴィネガーエッセンスと熱いお湯を使用することにより達成できます。水道の蛇口の網目のフィルター部分と、コーヒーメーカーや湯沸かし器のような電気機器は、定期的にヴィネガーエッセンスでカルキ除去が必要です。装置に水を入れ、カルキ・リムーバーを加え、スイッチオンしてください。最後に水で洗浄することをお忘れなく。

3. ステンレスを丁寧に扱う

繊細な表面に傷を付けないようにするには、ステンレスのクリーニング時は表面を傷つけるスポンジやブラシ、またはスチールタワシなどは避け、マイクロファイバー布を使用してください。

4. セランフィールド(ガラスセラミック)・スクレーパー(へら)を使用する

セランの表面は、水または特殊なクリーナーのみを使ってクリーニングします。焦げ付いた汚れは家庭用雑貨を扱う店で売っているセラン・スクレーバーを使用して削り落とします。

 5. オーブンもお忘れなく

オーブンは定期的にオーブンクリーナーを使ってクリーニングしてください。固定されていないベーキングトレイやグリルはオーブンとは別に熱い洗浄液に入れてクリーニングします。オーブンはオーブンクリーナーをスプレーしてしばらく置いてから拭き取ります。ゴムパッキングとガラスののぞき窓もお忘れなく。

6. フロアーを適切にケアする

ほとんどの床面は一般的な家庭用クリーナーでクリーニングできます。大理石とハードウッドフロアー(パケットフロア)には追加の特別なケア剤が必要です。絨毯フロアーは居住期間中に汚れたり、シミが出来た場合は絨毯フロアークリーナーでクリーニングするか、専門業者に依頼するのが継続的なダメージを防ぐことになります。

7. 表面ダメージを防ぐ

強すぎたり、または不適切なクリーニング剤は設備・調度の表面やフロアーに、継続的なダメージを与える可能性がありますのでご注意ください。

ここに様々なメーカーの適切なクリーニング剤に関する当社提案一覧を見ることが出来ます。