Mr. Lodge GmbH · Barer Str. 32 · 80333 München · 089 340 823-0 · info@mrlodge.de

ハウ・トゥー「ビヤガーデン」- 外来者のための5つのヒント

快適に、愉快に、フレンドリー: ミュンヘンにビヤガーデンがなかったら…? 以下のヒントを心得たら、ミュンヘンでのビヤガーデンライフもなんのその:

1. ビヤガーデンの適した領域を選んでください

ビアテーブルと横長イスのあるセルフサービスの領域では、お客さんは自分で飲み物と料理を取りに行きます。それどころか、自宅で作った料理の持ち込みも可能です。ただし、飲み物は現地調達です。サービスのある席でユックリしたい人は、テーブルクロスの掛かった小さなテーブルで料理や飲み物をウエイトレスやウエイターに注文します。

2. 席は予約可能ですか?

ビヤガーデンでは原則的に席の予約は可能です。ただし、参加者が多く、遅れずに集まるのであれば、です。常連席は定期的に来るお客さんのために常に空けてあります。

3. 飲み物メニュー

ビールは一般的にマース・マグの大ジョッキのみです。ただし、ソフトドリンクは0.5㍑のグラスでも注文できます。ノアゲール、つまりビアマグの底に残った分、マグを傾けなければ分からないような僅かな量は、そのままにしておきます。サービス係りが回収します。バイエルン人は新鮮な生ビールを好むからです。

4. どんな料理がありますか?

食品陳列バーには多くのデリカテッセンがあります。例えば、軽食プレートや、郷土料理など。串刺しの焼き魚(あるいは燻製鯖)にナイフ・フォークが傍になくてもおどろかないでください。これは手で摘んで食べます。

5. ビアガーデン通達

「ビアガーデンは重要な社会的、そして意思疎通のための機能を持ちます」、とビアガーデン通達の中に記されています。具体的には:他の人と席を譲り合い、隣人とも会話をし、お互いにファーストネームで呼び合い - Du(親称)を使って話し、乾杯します。

ここにミュンヘンのビアガーデンのリストを挙げます。